福岡の経営管理の業務受託 博多の公認会計士・税理士 黒川合同会計事務所

徒然閑話 Column

2018/06/04

2018年(平成30年)6月

~ 中洲18橋を歩く ~

先月のGW、久しぶりに中洲にかかる「橋」を歩いてみました。この時期、博多の街では恒例の「博多どんたく港まつり」で盛上っており、今年も多くの観光客が訪れていました。(新聞報道では2日間で230万人)

本コラムではこの祭りを取り上げるのではなく、祭りの主要ポイント「中洲」に架かる「橋」を取り上げてみたいと思います。「中洲」とは「東中洲」のことで、九州は勿論、日本を代表する飲食店が密集する歓楽街となっているところです。東側の博多川と西側の那珂川に挟まれたゾウリムシのような形状をした地域です。普段は日が落ちてからこのエリアに足を踏み入れる方々が多いと思われます。

ところで、中洲には何本の橋が架かっているかご存知でしょうか?答えは18本です。「そんなにあったかなぁ~?」と思われる方が多いかと思いますが、藩政時代の1800年代初頭にはわずか5本だった橋が、その後中洲地区の発展に伴い、キャナルシティ博多の登場に合わせて、平成13年に最南端に位置する「夢回廊橋」が整備されて18本となりました。(因みに最初の橋はいずれも1601年に架けられた「東中島橋」と「西中島橋」)

実は平成19年にこの18橋を自分の足で確かめてみようと思い立ち、1日がかりで家内と二人、歩いてみました。端には両サイドに計4本の欄干があります。この欄干には「橋の名前」「竣工日」などが書かれており、そのすべてをカメラに収めようと思えば橋を往復する必要があります。18本の橋を往復しながら渡り歩くのは結構体力と時間が必要になります。

今回は久しぶりに10本程度の橋を歩き、設置されている説明プレートや記念碑などを眺めながら思い出に耽った次第です。これから梅雨のシーズンとなりますが、興味がある方は晴れ間の見える日に出かけてみられてはいかがでしょうか。橋巡りがいつの間にか歴史探訪ともなるようです。但し、夜の千鳥足ではダメですぞ!

地図全体(縮小)

(2018年6月1日 事務所代表 灘谷 和德)