福岡の経営管理の業務受託 博多の公認会計士・税理士 黒川合同会計事務所

徒然閑話 Column

2015/08/01

2015年(平成27年)8月 葉月

 いきなり私ごとで恐縮ですが・・・。先月末に私の手元に「シルバー手帳」が届きました。他人事のように思っていたことが、私も当事者になったことをリアルに実感した瞬間でした。こうなった以上、福岡で最もシルバー手帳が似合わない人間を目指してみようと思っています。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

 さて、今年は戦後70年の節目と言うことで、いつもとは若干空気が違うように感じます。10年おきになぜ総理大臣がコメントを発する必要があるのか個人的には疑問を感じますが、海外はもとより、国内マスコミも大騒ぎ。いつまで続くんだろうと思います。国民の心にある非戦・嫌戦の強い思い、戦後積み上げてきた国際貢献、もっと自信を持って大人の振舞いをすればいいのでは、と思います。

 そんな中、今月は次の一文をご紹介したいと思います。月刊誌『文芸春秋』(8月号)に掲載された『月白の道』~これだけは読んでほしい、文学的従軍記の傑作~ です。久留米の医師故丸山豊氏が自身の戦争体験、それもかの悪名高い「インパール作戦」に関係するビルマ(現在のミャンマー)北部戦線に軍医として従軍した戦地体験記です。西日本新聞に連載されたものを、昭和45年に『月白の道』(創言社)として出版されています。単なる記録重視の戦記ものではなく、実に文学的な記述が多く、従軍記の最高傑作との評価を受けているようです。本文からは戦争の悲惨さ、不条理さはもとより、人(ここでは大本営や上官)が下す判断の重さがひしひしと伝わってきます。

 実は、著者のご長男丸山泉氏(医療法人社団豊泉会丸山病院理事長・院長)が私のロータリークラブを通しての友人です。彼とはかなりご無沙汰していましたが、今回の月刊誌を通じて再会できたような気がしています。

 関心がお有りになる方は単行本か、月刊誌(一部抜粋で掲載)をご一読ください。但し、月刊誌は10日過ぎには新刊に置き換わるようですが。

 今月の写真はハウステンボスで撮影した打ち上げ花火です。(今年ではありませんが)

(代表 灘谷和德)

ハウステンボス花火1

ハウステンボス花火2   ハウステンボス花火3