福岡の経営管理の業務受託 博多の公認会計士・税理士 黒川合同会計事務所

徒然閑話 Column

2016/03/01

2016年(平成28年)3月

今月は若い世代の方々に向けたお話です。私が会計学を学び始めた頃は、「引当金」には「負債性引当金」「評価性引当金」「特定引当金」といった分類がありました。それが、その後の「企業会計原則」の改正で、これらはいずれも「将来の特定の費用又は損失の計上」に係るものとして一本化されました。ポイントは将来に向けて負担(支出)が回避できないネガティブな「負債」だということです。
(但し、減価償却引当金は減価償却累計額として、貸倒引当金は「資産」のマイナス項目として取り扱われます)

 これに対し、「準備金」というのがあります。これは企業活動の中で稼得した余剰金を将来の特定の目的のために積み立てておこう、と言うもので、B/Sでは「純資産」に属します。こちらのポイントはポジティブに留保された純資産(資本)と言うことです。

ところで話は変わって、皆さんのご両親はご健在でしょうか?私はと言えば自分の両親は既に他界し、妻の両親は高齢ですが健在です。そこで思うのは「親孝行」の3文字です。親に感謝の気持ちを込めて報いる行為、ということでしょうが、若いころはなかなか実践できないことが多いのではないでしょうか。今すぐには実践できなくても、将来有形無形さまざまな形で行うことは可能です。ただ、現時点でそれをどう認識するかが大事ではないかと思っています。「将来の費用(コスト)」と考えるのであれば「引当金(=負債)」で義務的なニュアンスになります。これに対し、自分の意志・気持ちで積み立てておくものだと考えれば「準備金(=純資産)」で、親孝行をしようというポジティブな意識の反映となります。

 皆さんはどうお考えになりますか?そしてマイB/Sにどう計上なさいますか?
いずれにしても、先人が言う「親孝行、したいときに親はなし!」ということは避けたいものですね。私の反省の気持ちを込めて・・・。

(2016年3月1日 代表 灘谷 和德)

20160229警固神社の椿(圧縮)   20160229警固神社の梅(圧縮)


掲載した写真は、福岡市中央区天神の「警固神社」境内に咲いていた椿と梅の花です。
(2016.2.29撮影)