福岡の経営管理の業務受託 博多の公認会計士・税理士 黒川合同会計事務所

徒然閑話 Column

2017/07/03

2017年(平成29年)7月

~ 地方公共団体の監査委員就任 ~

 地方公共団体(正式には「普通地方公共団体」という)には「監査委員」を置くことが義務付けられていることをご存知でしょうか。県や政令指定都市では4名、その他の市町村では2名が定員となっています。(地方自治法第195条)そしてその役目といえば、「普通地方公共団体の財務に関する事務の執行及び普通地方公共団体の経営に係る事業の管理を監査する」ことにあります。(同法第199条)

 実は先月28日付で福津市の監査委員に選任され就任いたしました。「その他の市町村」なので、私と市議会議員の中から選任された方と2名でその役目を担うことになります。未知の分野ですが、企業における会計システムやコンプライアンス等マネージメントの分野で培った経験を活かし、市の会計や経営に関するチェックと指導機関として貢献できればと思っております。任期は4年。自分なりに深度を見極めながら務めて参りたいと思っております。

(写真は6月29日に行われた監査委員の選任辞令交付の模様)

福津市監査委員辞令交付1

(左から柴田幸尚教育長、原崎智仁市長、灘谷、永山麗子監査委員(市議会議員))

福津市監査委員辞令交付2

(2017年7月1日 事務所代表 灘谷和德)