福岡の経営管理の業務受託 博多の公認会計士・税理士 黒川合同会計事務所

徒然閑話 Column

2017/01/05

2017年(平成29年)1月

~ 想像力と創造力 ~

新年明けましておめでとうございます。
本年も、皆様方にとって良い年となりますようお祈り申し上げます。

 さて、今年は何といってもアメリカのトランプ新大統領就任からスタートします。政治経験のない大統領の誕生に世界が注目しています。アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪をひくと言われて久しく、依然として我が国経済にとって大きな影響を与えるアメリカ。いい影響をもたらしてくれとは言わないまでも、景気回復の邪魔をしないで、と言いたいところです。

 これまでこのコラムは「徒然閑話」なので、まさに「徒然なるまま気の向くまま」に書いて来ましたが、今年からこのコラムにタイトルを付けることにしました。そこで今回は標記のテーマです。
 まず「想像力」とは自分の経験や知識をもとに、いろいろなことを思い描く力です。いろいろな事象を分析・把握し、その上でそれがもたらす影響等を予測する力だと思います。昨今報道される事故やトラブルを見ていると、この想像力の欠如又は不足に起因するものが多いように感じます。
 これに対し「創造力」とは今までなかったこと(もの)を新たに生み出す力。直観力やひらめきと言ったものが関係してきます。右脳派・左脳派といった分類がありますが、その面では右脳の働きが重要なようです。
 私どもの仕事では、いろいろな数値を記録にとどめる作業だけでは意味がありません。その数値の背景にある取引の実態や課題などを「想像」して問題点を発掘する力が求められます。その結果が業務や経営の改善につながれば結構なことです。
 これまでの会計事務所の仕事としてはこれでよかったと思われます。しかし今後は、私たちにも「創造力」の発揮が期待されると思っています。柔軟な発想で「想像力による指摘」から「創造力による提案」への進化です。左脳派人間が多いと言われるこの業界、私たちは今年右脳派集団を目指します。

(2017年1月5日 事務所代表 灘谷 和德)

(写真は新年の集合写真とハウステンボスで撮影したニューイヤー花火です)

R0027948

ハウステンボス ニューイヤー花火1 ハウステンボス ニューイヤー花火2

2016/12/01

2016年(平成28年)12月

 今年もいよいよ師走に入りました。1年経つのは早いものですね。この1年を振り返るには少々早いですが、私の中で記憶に残った出来事を挙げてみたいと思います。

 1位:熊本で大地震発生。震度7の被害の甚大さに驚愕。一刻も早い完全復興を願うばかり。そして福岡は大丈夫?

 2位:イチロー選手が日米通算4257安打越え、大リーグ3000本安打達成。

 3位:「ポケモンGO」配信。私の身内が開発に関わっていたことを後で知りランク入り。

 4位:相模原市で19名が死亡する殺傷事件発生。犯行者の異常性にショックを受け、社会の病みを痛感。

 5位:博多駅前の道路陥没。視聴者提供の映像で全国の注目を集めることに。

あと残すところ1か月。この私の上位ランキングに割り込む事件や事故が起こらないことをひとえに祈るばかりです。(いい出来事であれば勿論歓迎です)

 ところで今月は忘年会のシーズンでもあります。「30・10運動」というのがあるようです。「乾杯後の30分とお開き前の10分」は席について料理を楽しもうという趣旨だそうです。なるほど理に適ってますね。食事をしながらお酒を飲むことで暴飲をセーブし、最後はご飯やデザートで締める。健康にもよく、主目的の「もったいない」精神で「食品ロス」を減らすことができそうです。(食品ロスは年間600万トン以上)皆さんもご一緒に是非実践しましょう!

(2016年12月1日 代表 灘谷 和德)

2016/11/01

2016年(平成28年)11月

 11月1日。今朝は随分と冷え込みました。これから徐々に寒さが増してくることでしょう。皆さまどうぞ風邪などひかれぬようご自愛ください。

 さて、寒さの話しとは裏腹に、先月25日はJR九州さんが東証一部上場を果たされました。2600円の売り出し価格に対し、初値3100円。関係者の皆様の熱い思いが報われ、ホッとされたことでしょう。また、投資された方はお喜びのことと思います。これからも株価上昇が続くよう、会社のご発展を祈念したいと思っております。

 話は変わって、今月は私事のご報告をさせて頂きます。実は、私は中学校を卒業して今年で丁度50年を迎えました。そこで、GW明けごろから幹事団を結成して50周年記念同窓会を企画し、先月15日、開催にこぎつけました。関東、関西、沖縄の在住者や恩師の先生方にも出席して頂き、フェーズを3区分して実施した次第です。昼の学校訪問に始まり、夕方の4時間大宴会、その後のカラオケ大会まで何と12時間にも及ぶマラソン同窓会でした。完走者(?)は8名。よほど懐かしく楽しかったのでしょう、内4名は遠来組でした。

 そこで行った「俳句・川柳大会」で入選した句をご紹介して今月のコラムを締めたいと思います。同窓会、いいもんですね!仕事を卒業したら同窓会コンサルタントでもやってみましょうか。勿論無償で!

  ・あれだれと 何度もたずねる どうしょうかい(恩師賞受賞作)

  ・同窓会 オートファジーの フル回転(入選作)

  ・記念写真 どなたが生徒か 先生か(入選作)

  ・五十年 僕のマドンナ どこへやら

  ・旧友と 互いに見交わす 髪の色

  ・あら先生 同級生より 若く見え

  ・おしゃれして 出向く姿勢が ぼけ防止

  ・同窓会 白馬の王子 白髪に

(2016年11月1日 代表 灘谷 和德)

20161112 金閣寺

2016.11.12撮影

2016/10/03

2016年(平成28年)10月

 猛暑・酷暑がようやく過ぎ去り、これから本格的な秋へと向かっていくようです。そうした中、暑さが飛んでしまう話題がもたらされました。ぶっちぎりの優勝を信じていた福岡ソフトバンクホークスはリーグ優勝ならず。更に、折角J1に昇格していたアビスパ福岡はJ2へ陥落決定。どうした事でしょう。残念です。それでも地元チームを応援する熱意は継続したいものです。

 さて、今月は日本人の働き方に触れてみたいと思います。先月28日に総理大臣官邸で第1回「働き方改革実現会議」が開催されました。安倍首相肝いりの有識者会議で、取り上げられるテーマは次の9項目です。

①    同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善。

②    賃金引き上げと労働生産性の向上。

③    時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正。

④    雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の問題。

⑤    テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方。

⑥    働き方に中立的な社会保障制度・税制など女性・若者が活躍しやすい環境整備。

⑦    高齢者の就業促進。

⑧    病気の治療、そして子育て・介護と仕事の両立。

⑨    外国人材の受入れの問題。

少子高齢化が進む現在、将来に向けた労働力確保が重要なテーマであることは間違いないことですが、子供が増えて(人口増)教育が充実する社会を目指す政策が重要であって、人口減を前提とした議論は避けて頂きたいと思う次第です。

なお、⑥に関しては、「配偶者控除の見直し」(税制)が検討されており、「130万円の壁」(社会保険加入要件)に加え、今月1日から新たに「106万円の壁」が登場します。社会保障制度や税制次第で「働くか働かないか」「どの程度働くか」を決めるというのは、何か違和感を覚えるのは私一人でしょうか。仕事ってそんなもの?

(2016年10月1日 代表 灘谷 和德)

 

2016/09/01

2016年(平成28年)9月

 これまで経験したことがないような迷走台風10号が、関東以北に多大な被害をもたらしました。これも異常気象のなせる業なのでしょうか。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
福岡ではここ数日気温が下がり、少しは過ごし易くなってきたようです。これから季節の変わり目、皆さまご自愛ください。
 さて、今月は企業経営における「理念」を取り上げてみたいと思います。折に触れて私がロータリークラブに所属し活動していることはご報告してまいりました。ロータリーでは「職業奉仕」という概念があり、簡単に言えば「職業を通して社会に貢献する」と言うわけです。そこには、近江商人の「三方よし」に代表されるような、日本人が古来大切にしている職業観、倫理観と共通するものがあります。111年前にアメリカで生まれたロータリークラブの理念が、実は日本の企業経営者には、もっと昔から血脈として受け継がれているわけです。
 帝国データバンクが、100年以上続く老舗企業4000社を対象に調査を行ったところ(回答814社)、「社風」を漢字1文字で表現すると、「和」が約20%、「信」が約8%で、その後に「誠」「真」「心」などが続くようです。また、老舗企業として大事にしていることを同じく漢字1文字で表現すると、「信」が約24%、「誠」が約8%で、その後に「継」「心」「真」「和」となるそうです。これらの文字は、多くの企業の「社是・社訓」の中で使われています。是非、この理念をこれからも大事に、企業のかじ取りをお願いしたいと思う次第です。
 これに対し、海外企業(特に欧米)の「社是・社訓」を見てみると、資本主義の典型を感じさせるものが多く見受けられます。すなわち、「利」が重要で、その「利」は株主に向けられる、ということです。勿論、環境保護や社会貢献などを謳うものも多々あるようですが、そもそも企業としての歴史が浅く、その評価はもう少し時間をかけて見守る必要があるように思います。
 余談ですが、日本は漢字文化。文字のイメージや短文で理念を表現できるため、社是社訓も短文か箇条書きが多いようです。これに対し、欧米はコントラクト社会。こと細かく社是社訓を記載するケースが多いように感じます。
(2016年9月1日 代表 灘谷 和德)

2016/08/01

2016年(平成28年)8月

暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?

ひと頃は、「熱帯夜」という言葉をよく耳にしていましたが、最近は熱帯夜が普通になってしまったのか、余り使わなくなったような気がします。同様に、冬に「暖冬異変」と言っていたのも暖冬が当たり前になってこれも死語になったようです。

気が向いたので、気象庁のHPから50年前(1966年)と今年の7月の最高気温・最低気温を拾ってみました。その結果、最高気温は平均で1.9℃、最低気温は平均で3.3℃も高くなっていることが分かりました。最低気温は一日の中で深夜か明け方に記録されるようですから、就寝中の温度管理が大切になっていることが分かります。

因みに元データをご紹介しますと次のようになっています。

 

1966年7月 最高気温34.6℃(7/30) 最高気温の月間平均30.7℃

        最低気温の最高温度27.6℃(7/21) 最低気温の月間平均22.3℃

2016年7月 最高気温35.8℃(7/29) 最高気温の月間平均32.6℃

        最低気温の最高温度28.3℃(7/3) 最低気温の月間平均25.6℃

 

今月もこのような傾向になると思われますので、暑さ対策には十分気を付けて頂きたいと思います。特に、夜はエアコンの適切な使用が大切なようです。

 今月の会計に関するコラムは、暑いさ中、さらに鬱陶しくなるかもしれませんので割愛することにいたしました。

写真は8月1日に行われた「大濠花火大会」のスナップです。手振れ&ピンボケで恐縮ですが速報版で雰囲気だけでもお伝えできれば・・・。

(2016年8月1日 代表 灘谷 和德)

CIMG0312   CIMG0255   CIMG0218

2016/07/04

2016年(平成28年)7月

先月はイギリスの国民投票でEU離脱派が勝利し、世界を震撼させました。まさか!?の事態に多くの方が驚かれたことでしょう。勿論、私もその一人でいろいろと思うところはありますが、今後2年の間には揺れ戻しも含め新たな動きもあると思っていますので、この件に触れるのはもう少し時間を置こうと考えています。

 さて、梅雨のこの季節、昔はしとしととした雨の日が続いていたという記憶がありますが、最近の梅雨はゲリラ豪雨、集中豪雨といった無茶降りする傾向があるようです。今年も、北部九州や広島で大きな被害をもたらしているようです。特に熊本の震災地の方々には重ね重ねの災害で、心よりお見舞い申し上げる次第です。復興へ向けて頑張ってください!

 今月は会社法で定められた監査制度のことを取り上げてみます。平成17年に会社法が制定されて以来、監査役に関しては定款の定めにより機関設計の選択肢が広がりました。中小企業などでは監査役を置かない会社も存在します。監査役を置く会社でも、会社の機関としては伝統的な「監査役会設置会社」のほか、「(指名)委員会等設置会社」に加え、平成26年6月の法改正で新たに「監査等委員会設置会社」も選択可能になりました。これらの特徴を比較すると下表のようになります。

7-1

 企業ガバナンスやコンプライアンスへの監視強化が強く求められる昨今、「監査」の重要性はますます高まると思われます。それぞれの企業の規模、特性に合った監査の機関設計をする必要があるでしょう。

 ただ残念なのは、民間の企業がこれだけ監査を強化する中、不祥事が続く政治家の政治資金をめぐるチェックシステムの無策ぶりには呆れるばかりです。

 最後に私事で恐縮ですが、先月開催された某上場会社の株主総会で、監査等委員会の社外取締役に選任されましたのでご報告させて頂きます。もうしばらく職業奉仕に努めよ!という天の声と受け止めお引き受けいたしました。

(2016年7月1日 代表 灘谷 和德)

2016/06/01

2016年(平成28年)6月

 熊本で発生した大地震はようやく収束しつつあるようですが、それに反比例するかのように復興への道のりの険しさが明らかになって参りました。政府は大型復旧予算の第一弾として1023億円の使途を固めたようです。(5月30日現在)

インフラ面での復興支援は特定の事業者に委ねるしかありませんが、私たちが誰でもできることは、同じ九州に住み、九州で生業を持つものとして、被災地の方々の近くに寄り添い、風評被害の防止に努めることではないでしょうか。見せましょう!九州人の底力と絆を!

さて、今月は4月取り上げた「継続性の原則」の続編です。

「企業が永続するためには何が必要か」これがテーマです。勿論、オールマイティーな答があるわけではないですよね。そんなものがあればこんな楽なことはありませんから。それぞれの企業の持つ経営資源や経営環境によって独自の答えを見出していくことが必要です。それでも、共通してヒントになる二つの言葉を取り上げてみたいと思います。

1.「強いものが生き残るのではない。環境に適応できるものが生き残る」

ご存じ、チャールズ・ダーウィンの言葉とされるものです。(異論もあるようですが)強いといわれた企業も大きな経営環境の変化の波に飲み込まれれば、もろくも崩れ崩壊することもある。最近の大手名門企業の凋落事例はその典型のようです。どんな大きな木でも、それが「ウドの大木」であれば強風でぽっきり折れてしまい、柳のような細木は大きくしなって持ちこたえる。「剛」と「柔」の対比ですが、強風という環境への対応力の差でもあります。企業経営にはこの「柔軟性」=「環境適応力」が必要だということです。

2.「不易流行」

 これは打って変わって和製です。松尾芭蕉が奥の細道を踏破してたどり着いた境地です。

「不易」とは永遠に変わらないもの、「不易」とはその時々で変化するもの、ということです。(本当はもっと奥深い意味がありますが、ここでは割愛します)

 企業経営には、変わらず継続すべき本質的なものと、その時々に応じて柔軟に変化対応していくことがともに必要だと思います。そして、その変化がその後に新たな本質(不易)へとなっていけばいいわけです。

 私の経験では、まじめに仕事一途に打ち込んでこられた経営者の方に「不易」重視の方が多いように感じられ、そのことが事業承継にも大きく影響しているように思います。

 最後に私事ですが、ロータリークラブ例会24年間1046回連続出席(H28.5.30現在)を継続中で、夫婦関係も家内に見捨てられず結婚32年目に突入しております。

(2016年6月1日 代表 灘谷 和德)

2016/05/02

2016年(平成28年)5月

 先月14日に熊本で発生した地震は、その後16日に震度7(マグニチュード7.3)の本震となって大きな被害をもたらしました。気象庁が昭和24年に7段階の「震度級数」を設定して以降、日本国内で震度7を計測するのは東日本大震災に続いて4回目、九州では初めてだそうです。そして過去に例のない回数の余震が現在も続いています。

 犠牲となられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災されたすべての方々にお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復興を祈念いたしております。

 

頑張ろう熊本・大分!頑張ろう九州!頑張ろう日本!

 

 今月予定していました前月からの継続テーマ「継続性の原則」は来月に掲載させていただきます。

(2016年5月1日 代表 灘谷 和德)

2016/04/01

2016年(平成28年)4月

さてさて、今年は年頭から「会計学」に絡めたコラムをシリーズで書かせていただいておりますが、今月は「継続性の原則」を取り上げます。

会計学には、企業会計原則として7つの原則があります。その中でも重要な原則の一つが「継続性の原則」です。これは会計処理基準(ルールであり「ものさし」に相当)がみだりに変更されると、企業の経営活動の評価が適正に行われないことになるために、一旦採用された選択肢は継続して適用することを求めるものです。従って、7つの原則の中でも重要なものとなっています。

ところで、個人生活や社会生活において、「継続は力なり」という表現をよく耳にします。辞書で引いてみると、次の3つの意味合いが紹介されています。

①    個々の成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていけば、やがて大きな事業を達成できる。目標を達成できる。

②    今は実力不足であっても、挫けずに修練を積んでいけば、いずれ大成できる。

③    物事を成し遂げるまで諦めずに取り組み続けるということは、それ自体、優れた能力のひとつである。

 いずれも、続けることの重要性、弛まない努力が大事であることを表現したものです。特に、勤勉実直な日本人の考え方や人生観にはとてもよくマッチするものではないでしょうか。

 私は仕事柄「企業の永続」に強い関心を持ち、「老舗企業」特に100年以上の歴史を持つ企業を研究しています。㈱帝国データバンクが公表している資料では、約2万7千社の企業が国内に存在するようです。(2014年8月現在)私たちにとっては街で見かける普通の企業が、実は世界に類を見ない特異な長寿企業だったりするわけです。

 構造改革の名のもと、新規事業が注目され旧態依然とした企業は退場すべし、といった風潮があるようですが、日本にしかない長寿企業が更に継続し続ける諸制度の導入や環境整備が必要ではないかと思う次第です。では、どうすれば永続できるのでしょうか?

(来月に続く)

能古島IP1      能古島IP2

今月の写真は「能古島アイランドパーク」のHPから転載させて頂きました。同パークの久保田社長とロータリークラブの仲間というよしみで借用した次第です。これからの行楽日和に是非お出かけください。

(2016年4月1日 代表 灘谷和德)

3 / 512345